ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ

お知らせ:最新の投稿はこちらに移動しました

あお

SNS見てたら、母の日の投稿がいっぱいで泣けた

るあ

普通の家に産まれれば幸せだったのかな。
なんか毎日が憂鬱。

匿名

きょうだいが帰ってくると一段と扱いの差を感じる。両親ともに。

匿名

夜、この時間だけ心が落ち着く
だけどいろんなこと考えて結局鬱々してくる
朝なんてこなきゃいいのに

明日目覚めたくない…

_

夢にまで出てきた
もうやめてよ

松坂

なんでこうなった

よしたつ

にいちゃんと家出したい

松坂

こわい

あらさ

本当毎日泣いてる…つらい…

flare

朝からいきなり怒鳴らないでほしい

終わらない輪廻

首絞められたこと、一生覚えてるよ。

谷村

独りぼっちで寂しい

とうもろこし

現状無理だけどせめて心が癒えるまでは独りぼっちになりたい。

匿名

いちいち怒られることを気にする自分自身に腹が立つ

匿名

ドンドンドンってノックするのやめて…

シュウ

ここにきているひともそうだし、これないひとも
おなじようなひともだけど

みんな
生きてるだけで偉いよ

田沼

見た目に傷つけたりはされてないけど心の傷は何ヶ所もつけられてるよ

茶碗蒸し

逃げることさえ許されないのかな、、

ヒーロー

完璧を求めないでよ

ヒーロー

みんな強く生きよう!!!

悲しい有栖#死にたい

寝る時間も起きる時間も何もかも言われた通りに起きて、言われてる通りに寝て…
僕には自由がないの??

悲しい有栖

なんで自殺しようとしたら自分を必死に守っちゃうかなぁ…?
心と体の行動が合ってないのはなんで??

悲しい有栖

死にたいな

匿名ちゃん

地獄に行きたい

匿名ちゃん

別に信頼して欲しいとは言わないし思わないけど、私が嘘つくメリットは何も無いから疑うのはやめて欲しいなー、とか思ったり思わなかったり

匿名ちゃん

親に寝顔勝手に写真に撮られて、しかもそれを家庭教師に送られたんですけど気持ち悪すぎる

家に居場所を感じない

もっちー

↓出来くて→出来なくて でした…

もっちー

母『側弯症の手術って難しいんだよ~?しかも、手術後も半年運動出来くて、手術中は血がめっちゃ出るんだって~大変だね~』
ただでさえ手術不安なのに。嫌すぎる

みかん

担任の先生がわたしがいじめのこと相談しようって思ってたのにどうしてそんなに嫌がるの?
私の友達が「〇〇(私)がいじめられてるみたいなんで話聞いてあげてください」
って言って担任も2人で話してみるって言ってたって聞いたのに
私のことすごく理解してる感じでいるけど全然理解してくれてない。 
私が相談してみようって決めたのに一年もかかったんだよ。
それなのにあからさまに避けて親の前では友達関係は本当にすごくいいですって言ってくるしさ。
親も夜に泣いてても無視だしさ。なんでそんな私のこと嫌いなの?私が何したの?もう嫌だ。地獄行きでもいいから死なせて
まだ数十年しか生きてないけれど20歳以上生きれる自信ない
この学校そつぎょうしたら死にたい

こっち

ぱぱ外国人でままハーフなんだけど両方のばあちゃんおじいちゃんがなにいってるかわかんないけどすっごくあったかい
なんであったかいひとからこんなくずがうまれるんだっておもった

こっち

自分がみすったことを認めず私がミスったらちゃんと自覚しなよだからばかなんじゃないのっていわれた
おまえがばかだろっておもった

匿名さん

ごめんなさい、ご家庭のお金に困ってる方もいる中でこんな発言をするのは場違いって分かってる。本当に申し訳ないです。けど、
お金なんて要らないから愛情が欲しい、。

こっち

わたしがあせっちゃってないてたらこっちがなきたいわなんでこんな子産んじゃったんだろっていわれた

もっちー

8月17日に側弯症のやつを語った者です。
手術は春休み中行うことになりました。まじ無理

こっち

お兄ちゃんと比べられるしんどい

みりん

なんで「本当に俺の子供?」って言われないといけないの?実の親にそれ言われるってどんだけ辛いかわかって欲しい その言葉が軽いノリで言っても子供は傷つくってこと分かって欲しい
もう生まれてこなきゃ良かった

こっち

だらだらしてたらぐちぐち私に言うくせに自分がだらだらしてて私が注意したら逆切れされた

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

1394