ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ

お知らせ:最新の投稿はこちらに移動しました

あお

SNS見てたら、母の日の投稿がいっぱいで泣けた

るあ

普通の家に産まれれば幸せだったのかな。
なんか毎日が憂鬱。

匿名

きょうだいが帰ってくると一段と扱いの差を感じる。両親ともに。

匿名

夜、この時間だけ心が落ち着く
だけどいろんなこと考えて結局鬱々してくる
朝なんてこなきゃいいのに

明日目覚めたくない…

_

夢にまで出てきた
もうやめてよ

松坂

なんでこうなった

よしたつ

にいちゃんと家出したい

松坂

こわい

あらさ

本当毎日泣いてる…つらい…

flare

朝からいきなり怒鳴らないでほしい

終わらない輪廻

首絞められたこと、一生覚えてるよ。

谷村

独りぼっちで寂しい

とうもろこし

現状無理だけどせめて心が癒えるまでは独りぼっちになりたい。

匿名

いちいち怒られることを気にする自分自身に腹が立つ

匿名

ドンドンドンってノックするのやめて…

シュウ

ここにきているひともそうだし、これないひとも
おなじようなひともだけど

みんな
生きてるだけで偉いよ

田沼

見た目に傷つけたりはされてないけど心の傷は何ヶ所もつけられてるよ

茶碗蒸し

逃げることさえ許されないのかな、、

くろ

つらいつらいつらいつらいつらい

くろ

死にたい死にたい死にたい

生まれてこなきゃよかった

H.I

両親が俺のことを社会的に殺そうとしてくる。
まじクソすぎ。ゴミすぎ。
死んでほしい。クズども。

匿名

死にたいけど恐くて死ねない

ちなみに、私は思春期が周りと比べて早く来たため苦労したけど、親は取り合ってくれないし、早熟が理由でバカにされた過去があって、いまだに辛いけど、そのことを毒親に話しても軽くあしらわれるだけ
「今更なんだよ」「言うほどの早熟じゃない」「お前はバカだ(何を根拠として?とは思う)」とか言われる
いつまで私は苦労すれば良いのかな〜

悲しい有栖#死にたい

学校にいても辛い。誰かと関わることさえ疲れちゃう

匿名

今日は沢山薬飲みます。

匿名

もう辛すぎて駄目です
さようなら

疲れた

学校行きたくない。家にもいたくない。塾にも行きたくない。私の居場所どこ?どんどん居場所ってなくなるよね。
あっ、でも部活してる時と犬と遊んでる時だけが幸せ。まだ生きる理由がある。よかった。

らら

親ってなんでこんな理不尽なんだろって本当に思う
いっつも都合良すぎるんだよ
ほんまにだるい
親がいる限り子供の自由はないよ
意味わかんない

疲れた

「かっこ悪いよアンタ。」(親)
は?何が?日本語喋れよ。頭悪くてお前が理解できない。ごめんなさいね。そもそも自分が「かっこいい」なんて言われたことないよ。お世辞でしか。かっこいいなんて目指して良い存在じゃねえんだよ。周りが有利になるように嘘ついて、話の流れを変えて、バカだねって言われることぐらいしかできねえんだよ、それくらいわかってる。無責任に勝手に産んどいてこっちの気持ち無視して生きてるお前の方が「かっこ悪いよ」。

悲しい有栖#死にたい

友達には悪いけど、そう思っちゃうんだ…

悲しい有栖#死にたい

違うのただ、自分の存在価値が欲しいだけなの、共感して欲しいわけじゃない、ごめんね、君も辛いのに、

悲しい有栖#死にたい

だめだっ、ここと一人の時しか本心が出ない…あれっ、本物の自分どこ行った…?

悲しい有栖#死にたい

死にたいより生きたくないの方が自分に合ってる気がする…、生きづらくて生きづらくて生きづらくて…相談なんてさりげなく言わないで、誰かに言うときは、かなりの勇気が必要なんだよ…?

悲しい有栖#死にたい

親がもっと優しければ……違うんだよっ、自分が愚かでバカで、何もしてないくせに被害者ぶんなっ!
…でも辛いんだよっ…わかってる、わかってるけど、何も出来ない……死にたいな…

匿名

人に会いたくない

悲しい有栖#死にたい

生きやすい、そんな世の中を求めてるのに……僕にとっちゃこの世の中は生きづらい……
勇気を出せない。「意味ない」そんなことを親に言われたら何も意味なく感じちゃう
テストあるのに僕は何してんだろうなぁ…(笑)

ヒーロー

完璧を求めないでよ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

1397